2016年05月17日

女性不妊の原因:排卵障害の知識と治療法

女性にみられる主な不妊原因は、卵管因子が多いと言われています。
原因が一つだけなら良いのですが、この原因のほかにも子宮印紙や排卵因子、頸管因子、男性因子などが重なって不妊になることも考えられます。

排卵障害には、主に以下の病気があります。
●卵巣機能障害
●高プロラクチン血症



では、それぞれの病気についてまとめていきたいと思います。
●卵巣機能障害
通常、月経が終わったらエストロゲンというホルモンが増加します。
しかし、卵巣機能の低下があれば、ホルモンが増加していないことがあります。エストロゲンは排卵に欠かせないホルモンで、増加しなければ排卵に時間がかかったり、排卵自体が起こらなくなるなったり、排卵しても着床が難しくなったりします。

<治療法>(著書:図解赤ちゃんがほしい人のための本 [ 原利夫 ]より)
排卵誘発剤による治療が主となります。
具体的な排卵抑制剤とは、(シクロフェニル、クロミフェン、hMG)
シクロフェニル・・・排卵誘発剤の中では効果は比較的弱く、初期の治療に用いられることが多い。
頸管粘液の分泌を促進し、子宮内膜を厚くする内服薬。
クロミフェン・・・排卵誘発剤であり、黄体機能不全などを改善し、排卵を誘発することが出いる経口薬。



●高プロラクチン血症
本来はプロラクチンはサンゴに多く分泌されるホルモンです。
このホルモンによって母乳が出やすくなります。
サンゴは妊娠しづらいと言われていますが、このホルモンが多く分泌されていることにより排卵が起こりづらくなったり着床しづらくなるからだと考えられている。
高プロラクチン血症とは、産後と同じ状態になっているのです。

<治療法>
プロラクチンの分泌を正常に戻す内服薬(ブロモクリプチン)の治療が主流です。
ブロモクリプチン・・・高プロラクチン結晶の治療に使われる経口薬。プロラクチンの分泌を抑制する働きがある。











母乳が出るお茶はこちら

【関連する記事】
posted by べビマチ子 at 10:16| Comment(0) | 排卵障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

女性の主な不妊の原因とは?

女性の主な不妊の原因は、
・排卵障害
・卵管障害
・子宮着床障害


があります。


排卵が上手くいかない排卵障害は、女性不妊の原因の約3割と言われています。


排卵とは、左右どちらかの卵巣から1つの卵子が熟成して、飛び出してくることを言います。
ここで飛び出した卵子が精子と受精することなく、子宮内膜に着床しなかったら、
排卵後2週間前後で生理が来ます。


現代では、不妊に悩む夫婦が急増しています。
欲しくてもできない人、仕事を優先する人、
結婚しない人、なども増えてきており、

日本の出生率は年々低下しています。

このまま人口が減少していくと、日本人はどうなってしまうのかと不安に感じます。



そもそも、なぜ現代の日本人は妊娠しにくいのでしょうか。


050188.jpg


人間が誕生してから長い年月を、
支えてきて歴史をつないでこれたのは、
代々命を次の世代につないできたからです。


今現代と、昔の日本人を比べてみると、
今の方が、便利な世の中になり、医療技術も発展してきたと言われています。

それなのに、不妊になっています。



その変化には、食生活が関係しています。


昔は、地産地消。
その季節にあるものを食べ、
手作りで自然の物だけを食べていました。

そんな生活をしていた昔の人たちは、
急な事故や感染症以外はほとんど病気もせず、健康的に暮らしていました。
昔の人は子だくさん、というように、出生率も高かったのです。


しかし、今現代では、
食事は欧米化が進んでおり、

便利で安い商品には、
たくさんの食品添加物という有害化学物質が含まれています。

大量生産された家畜には多量のホルモン剤や抗生物質、
野菜には化学肥料に大量の農薬が使用されています。
養殖の魚にも抗生物質や有害な餌・・・



これだけの有害化学物質を毎日せっせと摂取しているのですから、
細胞分裂の盛んな卵子や精子は直でダメージを受けます。


そう、卵子や精子の遺伝子が有害化学物質によって傷つけられ、

妊娠する能力のない卵子や精子ができてしまったり、
もしくは、全く作る機能がなくなったりと、
不妊症に拍車をかけています。


不妊症の原因は
・排卵障害
・卵管障害
・子宮着床障害

だけでなく、
・食生活の乱れ

も重要な項目になります。



このままでは日本人は滅びてしまうのではないか、
と不安を抱いてしまいます。


食品添加物の使用料は世界中でも日本人がダントツのトップです。
農薬の使用量も日本がトップ。
抗生物質などの薬剤の使用もトップです。



いち早く食の大切さに気付き、
昔ながらの、本来の食事に戻していく必要があります。


不妊症だといって病院に行ったら、
ホルモン剤を投与されたり、様々な不要な検査が待っています。


すぐに病院に頼るのではなく、
まずは、日々の暮らしの中で、特に食事を見直し、
食品添加物を含まない昔ながらの食事に変えてみましょう。

そして、体を温めるもの、免疫力がアップするものを積極的に摂りいれるなど、
自分でできる妊娠しやすい体づくりを始めていきましょう。

→妊娠体質になるサプリ
「はぐマカ」
スーパーフードマカ【macani】
妊活サプリ「プレグル」











posted by べビマチ子 at 15:20| Comment(0) | 排卵障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

体に優しい布ナプキンのメリットと選び方

ほとんどの女性が使っているのが、ドラッグストアなどで購入できる紙ナプキンですよね。
紙ナプキンは、トイレに流せないことからもわかるように、実際は紙でできているわけではありません。

使われている素材は、ポリエチレン、ポリエステル、ポリプロピレン、高分子吸収体、人工合成香料などのケミカル素材です。

また、これらは主に石油からでできているものです。

このような素材でできているため、生理用ナプキンでかぶれてしまったり、不快感があるのは不思議ではありません。
さらに、紙ナプキンに使われるケミカル素材が経皮毒として吸収され、子宮に悪影響を与えます。
子宮内膜症の原因ともいわれているほどです。なぜなら、性器からの経皮毒の吸収率は、他の皮膚とは比べ物にならないくらい高いからです。

妊娠をしたい女性や生理痛がつらい女性、冷えに悩む女性なら特に、布ナプキンを使ってみることをお勧めします。


<布ナプキンのメリット>
(1)体にも環境にもやさしい
布ナプキンは、コットンでできたナプキンです。紙ナプキンのように、有害なケミカル素材を使用していないため、子宮に害を与えたり環境汚染の心配はありません。

(2)かぶれず快適
ふわふわのコットンでできているため、普通の下着と同じ肌触り。今まで生理用ナプキンでかぶれていた人も快適だと感じている人が多いです。

(3)不妊治療にも
今、不妊に悩んでいる女性は多いものです。子宮に毒素が溜まって冷えることにより、不妊症になりやすいのです。毒素とは、紙ナプキンなどに使用されている有害化学物質や食べ物に含まれている食品添加物、放射能、電磁波などです。女性は生理で毒素を排出することが出来るのですが、紙ナプキンだと逆効果。
毒素を排出して妊娠しやすい体になるためにも、布ナプキンは重要視されています。

(4)経済的
洗って繰り返し使うので、紙ナプキンよりも経済的。家にある布で手作りすることも可能です。

(5)生理痛軽減
布ナプキンに変えてから生理の日数が減ったり、生理痛やPMS(月経前症候群)の症状が和らいだ人が多くいます。子宮にたまった毒素を出すことが出来るので、体への負担も減ります。

(6)冷え性の改善
子宮を温め、冷えの原因ともなる毒素を排出することができるので、冷え性の改善にも一役かうといわれています。市販の紙ナプキンの高分子吸水ポリマーは、あの『冷えピタ』とに使われる素材と同じもの。大切なところに『冷えピタ』をしていると思うと、心配になりますよね。



<布ナプキンの選び方>

nunonaの布ナプキン
安全な天然素材で作られた布ナプキンです。
ネットで簡単に購入することができます。
布ナプキンの中では値段も安く、とてもかわいい商品です。

実際に注文してみました。
IMG_7043.PNG
お試しセットは多い日用、普通の日用、軽い日用、がセットになっいて、とりあえず試してみたい方にお勧めです。
nunonaの布ナプキンは、使い心地がとてもよくて一番気に入っています。
付けた感じがかさばったりするのかな、と思いますが、これは気になりません。
薄くて折り返し部分もきれいに折れるので、付け心地がいいんです。
肌に触れる部分はふわふわしておりとても気持ちがいいんですね。
外側には防水の布になっており、漏れることもなく使えています。
何度も洗って1年ほど使っていますが、まだまだ使えます。









100%オーガニック布ナプキン【LINTEN】
こちらも安心できるオーガニックの布で作られています。
形がユニークでとてもかわいいのがいいですね。

実際に購入してみました。
小さいものは分厚いため折り返すとかさばる感じがありますが、
大きいものは折り返し部分がちゃんとわかれた布でてきているため、付け心地が良く、
あまりかさばる感じはなかったです。

IMG_8810.JPG








これらの布ナプキンを使ってかれこれ1年ほどになりますが、
一番の変化は、経血をコントロール出来るようになったことです。
もともと女性は経血を出す場所で出す、それ以外では出さない、という調節ができていたのです。
昔は紙ナプキンなんてものはなく、布で対応していました。
しかし、紙ナプキンの登場により、経血を必要以上に吸収してしまう高分子吸収体のせいで、経血はダダ流れになり、調節できる人が少なくなりました。

やはり、人間の本来の力を発揮するためにも、そして快適な生理ライフを送るためにも、布ナプキンは大切だと思います。

生理痛もひどくて3日間は寝込んでいましたが、今では多少痛いものの動き回れています。
これも布ナプキンのおかげかな、と思います。

posted by べビマチ子 at 11:45| Comment(0) | 冷え取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。