2016年03月05日

体に優しい布ナプキンのメリットと選び方

ほとんどの女性が使っているのが、ドラッグストアなどで購入できる紙ナプキンですよね。
紙ナプキンは、トイレに流せないことからもわかるように、実際は紙でできているわけではありません。

使われている素材は、ポリエチレン、ポリエステル、ポリプロピレン、高分子吸収体、人工合成香料などのケミカル素材です。

また、これらは主に石油からでできているものです。

このような素材でできているため、生理用ナプキンでかぶれてしまったり、不快感があるのは不思議ではありません。
さらに、紙ナプキンに使われるケミカル素材が経皮毒として吸収され、子宮に悪影響を与えます。
子宮内膜症の原因ともいわれているほどです。なぜなら、性器からの経皮毒の吸収率は、他の皮膚とは比べ物にならないくらい高いからです。

妊娠をしたい女性や生理痛がつらい女性、冷えに悩む女性なら特に、布ナプキンを使ってみることをお勧めします。


<布ナプキンのメリット>
(1)体にも環境にもやさしい
布ナプキンは、コットンでできたナプキンです。紙ナプキンのように、有害なケミカル素材を使用していないため、子宮に害を与えたり環境汚染の心配はありません。

(2)かぶれず快適
ふわふわのコットンでできているため、普通の下着と同じ肌触り。今まで生理用ナプキンでかぶれていた人も快適だと感じている人が多いです。

(3)不妊治療にも
今、不妊に悩んでいる女性は多いものです。子宮に毒素が溜まって冷えることにより、不妊症になりやすいのです。毒素とは、紙ナプキンなどに使用されている有害化学物質や食べ物に含まれている食品添加物、放射能、電磁波などです。女性は生理で毒素を排出することが出来るのですが、紙ナプキンだと逆効果。
毒素を排出して妊娠しやすい体になるためにも、布ナプキンは重要視されています。

(4)経済的
洗って繰り返し使うので、紙ナプキンよりも経済的。家にある布で手作りすることも可能です。

(5)生理痛軽減
布ナプキンに変えてから生理の日数が減ったり、生理痛やPMS(月経前症候群)の症状が和らいだ人が多くいます。子宮にたまった毒素を出すことが出来るので、体への負担も減ります。

(6)冷え性の改善
子宮を温め、冷えの原因ともなる毒素を排出することができるので、冷え性の改善にも一役かうといわれています。市販の紙ナプキンの高分子吸水ポリマーは、あの『冷えピタ』とに使われる素材と同じもの。大切なところに『冷えピタ』をしていると思うと、心配になりますよね。



<布ナプキンの選び方>

nunonaの布ナプキン
安全な天然素材で作られた布ナプキンです。
ネットで簡単に購入することができます。
布ナプキンの中では値段も安く、とてもかわいい商品です。

実際に注文してみました。
IMG_7043.PNG
お試しセットは多い日用、普通の日用、軽い日用、がセットになっいて、とりあえず試してみたい方にお勧めです。
nunonaの布ナプキンは、使い心地がとてもよくて一番気に入っています。
付けた感じがかさばったりするのかな、と思いますが、これは気になりません。
薄くて折り返し部分もきれいに折れるので、付け心地がいいんです。
肌に触れる部分はふわふわしておりとても気持ちがいいんですね。
外側には防水の布になっており、漏れることもなく使えています。
何度も洗って1年ほど使っていますが、まだまだ使えます。









100%オーガニック布ナプキン【LINTEN】
こちらも安心できるオーガニックの布で作られています。
形がユニークでとてもかわいいのがいいですね。

実際に購入してみました。
小さいものは分厚いため折り返すとかさばる感じがありますが、
大きいものは折り返し部分がちゃんとわかれた布でてきているため、付け心地が良く、
あまりかさばる感じはなかったです。

IMG_8810.JPG








これらの布ナプキンを使ってかれこれ1年ほどになりますが、
一番の変化は、経血をコントロール出来るようになったことです。
もともと女性は経血を出す場所で出す、それ以外では出さない、という調節ができていたのです。
昔は紙ナプキンなんてものはなく、布で対応していました。
しかし、紙ナプキンの登場により、経血を必要以上に吸収してしまう高分子吸収体のせいで、経血はダダ流れになり、調節できる人が少なくなりました。

やはり、人間の本来の力を発揮するためにも、そして快適な生理ライフを送るためにも、布ナプキンは大切だと思います。

生理痛もひどくて3日間は寝込んでいましたが、今では多少痛いものの動き回れています。
これも布ナプキンのおかげかな、と思います。

posted by べビマチ子 at 11:45| Comment(0) | 冷え取り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。