2015年12月12日

夫婦二人の協力が大切:旦那さんの理解はありますか?

妊活をするにあたって、一番大切なのはやっぱり旦那さんの協力だと思います。
子供を作るということは、女性一人ではできませんし、不妊の原因も女性だけではありません。
男性にも不妊の原因になる要因があります。

そのため、二人の子供を望むのなら、二人で協力することが大切だと思います。

出産後の子育てだって旦那の協力が必要ですしね(^^)
うちでも旦那に協力してもらってはいるのですが、ちょっと悲しいことがありました。

「妊娠できないのはあんたの卵がないんじゃないの。」
なんて言われたのです・・・。

冗談で言ったのかもしれませんが、正直へこみました。
生理もほぼ規則的にありますし、ちゃんと排卵もおきている・・・はずだと思っています。

しかし、今までの仕事が、夜勤があったりと過酷なもので放射線を浴びることもしていたので、ドキッとしました。
放射線をある一定量浴びると、排卵が起こらなくなる、もしくは妊娠しにくい体になるからです。
今は妊活!と頑張っているのでそのようなことはありませんが、過去のことはどうしようもありません。

316204.jpg

過去を振り返るのではなく、これからどうしていくかが大切ですよね。
妊娠しやすい体を作って、妊娠しやすい環境で過ごす。
食べ物や栄養バランスを考え、基礎代謝を測り、排卵日を予測する。

今はこれらのことを心がけています。

あと、電磁波も危険です!
スマホや電子レンジ、電気自動車、ハイブリット車、パソコン、その他家電製品などには電磁波があるそうですが、この電磁波も細胞の遺伝子を傷つけてしまうので、妊娠しにくい体質を招いてしまうと本で読みました。

出来るだけ使わない。もしくは遠ざけて使う、長時間使わないなどしています。
そして、ストレスも避けるべきですね。

あまりにも焦って子供が欲しい!とやっきになると、かえって逆効果だと聞いたことがあります。
知り合いの方の話ですが、妊活妊活!と焦っていたころは子供ができなかったけど、まぁいいか、と半ばあきらめかけていたころに子供を授かった、という話を聞きました。

焦るのではなく、心にゆとりをもってストレスをできるだけ抑え、落ち着いた毎日を送っていると、
子供は授かるものかもしれませんね。

なので、これからものほほんと焦らずマイペースに続けていこうと思います。


posted by べビマチ子 at 23:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月01日

妊娠しにくい体質なの?赤ちゃんが欲しい!

初めまして!
結婚して1年とちょっとが経過した20歳代女性のはーちゃんです。

お友達は赤ちゃんがどんどん生まれており、いいなぁ〜うらやましいなぁ・・・
と思っています。

かわいい赤ちゃんを私も産みたい!
と思って早1年・・・

願いはむなしく、赤ちゃんができる兆しがありません。
以前親戚のおばさんが、不妊治療は早く取り掛かったがいいよ。
時間は待ってくれないからね。

と言っていたことを思い出しました。
赤ちゃんができない人は、いくら待ってもできない・もしくはできにくいのです。

そこで、出来ないのなら、出来るように動き出す必要があるのです。
つまり、今テレビなどでよく耳にするようになったこの言葉「妊活」のスタートです!

このブログでは、日々の情報収集で得た良い情報や、妊娠するために必要な知識、サプリメント、生活習慣などをどんどん載せていき、同じような悩みを抱えている方々と共に頑張っていきたいと思います。

かわいい赤ちゃん、待っててね(^^)/


posted by べビマチ子 at 08:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする