2015年12月08日

まずは自分で出来るタイミング法:その方法と注意点

昨日は妊娠している夢を見ました。
名前はなんて付けようか、準備はどうしようか、そんなことを夢の中で考えていました。
お腹の中に別の生命が宿るってどんなかんじなんだろう・・・。

まず行おうと思っていることは、自然妊娠を目指す【タイミング法】です。
これは妊娠の成功率を上げる方法で、重要なのは女性の排卵日を特定することです。そして、排卵日に性行為をすると、妊娠の効率が上がるのです。
排卵日を特定するには、女性の基礎体温を知ることが重要になります。

●基礎体温の測り方
基礎体温とは、体が熟睡している時の温度のことです。
それに最も近いのが、起きてすぐの体温なので、
基礎体温を測るために、起きてすぐに測ることが良いとされています。

基礎体温を測ることで、体温の変動により自分の月経周期のパターンが分かるようになるため、排卵日を予測することが出来ます。
排卵後の女性の体は、黄体化した卵胞ホルモンがプロゲステロンを分泌することに伴て、体温がわずかに上昇します。この変化をキャッチし排卵が起こったことを予測できる方法です。
その後測った体温を手帳にメモをし、毎日継続していきます。



忙しい朝に毎日体温を測るのって、面倒だったりついうっかり忘れてしまいがちですよね。
そこで、私は体温計はすぐとれる場所に用意するようにしています。
手を伸ばしてすぐ届くため、目が覚めて起き上がる前に測ることができます。



このような流れを毎日繰り返していくと、普段よりちょっと体温が高めだな、という時があります。
その時が、排卵が起こっている時なのです。

●基礎体温を測る時の注意点
・測定は最低4時間以上の睡眠の後にする。
・深夜2時を過ぎる就寝や、朝5時前の起床は、正常田体温測定の妨げになるので注意する。
・体を動かすと体温はすぐに上昇するので、目が覚めたら起き上がる前に体温を測る。
・1日や2日忘れてしまっても、そこであきらめたりせず、継続していく。



こんな感じです。
私も今週から体温を測るようにしました。
ついつい朝はうっかりして忘れてしまいそうになりますね。
これが習慣化すればいいのでしょうね。

早寝早起きで、明日も体温を測りましょう。
では、体温計を準備してそろそろ就寝します(^^)

ハニーココ
posted by べビマチ子 at 22:53| Comment(0) | タイミング法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする