2016年05月17日

女性不妊の原因:排卵障害の知識と治療法

女性にみられる主な不妊原因は、卵管因子が多いと言われています。
原因が一つだけなら良いのですが、この原因のほかにも子宮印紙や排卵因子、頸管因子、男性因子などが重なって不妊になることも考えられます。

排卵障害には、主に以下の病気があります。
●卵巣機能障害
●高プロラクチン血症



では、それぞれの病気についてまとめていきたいと思います。
●卵巣機能障害
通常、月経が終わったらエストロゲンというホルモンが増加します。
しかし、卵巣機能の低下があれば、ホルモンが増加していないことがあります。エストロゲンは排卵に欠かせないホルモンで、増加しなければ排卵に時間がかかったり、排卵自体が起こらなくなるなったり、排卵しても着床が難しくなったりします。

<治療法>(著書:図解赤ちゃんがほしい人のための本 [ 原利夫 ]より)
排卵誘発剤による治療が主となります。
具体的な排卵抑制剤とは、(シクロフェニル、クロミフェン、hMG)
シクロフェニル・・・排卵誘発剤の中では効果は比較的弱く、初期の治療に用いられることが多い。
頸管粘液の分泌を促進し、子宮内膜を厚くする内服薬。
クロミフェン・・・排卵誘発剤であり、黄体機能不全などを改善し、排卵を誘発することが出いる経口薬。



●高プロラクチン血症
本来はプロラクチンはサンゴに多く分泌されるホルモンです。
このホルモンによって母乳が出やすくなります。
サンゴは妊娠しづらいと言われていますが、このホルモンが多く分泌されていることにより排卵が起こりづらくなったり着床しづらくなるからだと考えられている。
高プロラクチン血症とは、産後と同じ状態になっているのです。

<治療法>
プロラクチンの分泌を正常に戻す内服薬(ブロモクリプチン)の治療が主流です。
ブロモクリプチン・・・高プロラクチン結晶の治療に使われる経口薬。プロラクチンの分泌を抑制する働きがある。











母乳が出るお茶はこちら

posted by べビマチ子 at 10:16| Comment(0) | 排卵障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月13日

女性の主な不妊の原因とは?

女性の主な不妊の原因は、
・排卵障害
・卵管障害
・子宮着床障害


があります。


排卵が上手くいかない排卵障害は、女性不妊の原因の約3割と言われています。


排卵とは、左右どちらかの卵巣から1つの卵子が熟成して、飛び出してくることを言います。
ここで飛び出した卵子が精子と受精することなく、子宮内膜に着床しなかったら、
排卵後2週間前後で生理が来ます。


現代では、不妊に悩む夫婦が急増しています。
欲しくてもできない人、仕事を優先する人、
結婚しない人、なども増えてきており、

日本の出生率は年々低下しています。

このまま人口が減少していくと、日本人はどうなってしまうのかと不安に感じます。



そもそも、なぜ現代の日本人は妊娠しにくいのでしょうか。


050188.jpg


人間が誕生してから長い年月を、
支えてきて歴史をつないでこれたのは、
代々命を次の世代につないできたからです。


今現代と、昔の日本人を比べてみると、
今の方が、便利な世の中になり、医療技術も発展してきたと言われています。

それなのに、不妊になっています。



その変化には、食生活が関係しています。


昔は、地産地消。
その季節にあるものを食べ、
手作りで自然の物だけを食べていました。

そんな生活をしていた昔の人たちは、
急な事故や感染症以外はほとんど病気もせず、健康的に暮らしていました。
昔の人は子だくさん、というように、出生率も高かったのです。


しかし、今現代では、
食事は欧米化が進んでおり、

便利で安い商品には、
たくさんの食品添加物という有害化学物質が含まれています。

大量生産された家畜には多量のホルモン剤や抗生物質、
野菜には化学肥料に大量の農薬が使用されています。
養殖の魚にも抗生物質や有害な餌・・・



これだけの有害化学物質を毎日せっせと摂取しているのですから、
細胞分裂の盛んな卵子や精子は直でダメージを受けます。


そう、卵子や精子の遺伝子が有害化学物質によって傷つけられ、

妊娠する能力のない卵子や精子ができてしまったり、
もしくは、全く作る機能がなくなったりと、
不妊症に拍車をかけています。


不妊症の原因は
・排卵障害
・卵管障害
・子宮着床障害

だけでなく、
・食生活の乱れ

も重要な項目になります。



このままでは日本人は滅びてしまうのではないか、
と不安を抱いてしまいます。


食品添加物の使用料は世界中でも日本人がダントツのトップです。
農薬の使用量も日本がトップ。
抗生物質などの薬剤の使用もトップです。



いち早く食の大切さに気付き、
昔ながらの、本来の食事に戻していく必要があります。


不妊症だといって病院に行ったら、
ホルモン剤を投与されたり、様々な不要な検査が待っています。


すぐに病院に頼るのではなく、
まずは、日々の暮らしの中で、特に食事を見直し、
食品添加物を含まない昔ながらの食事に変えてみましょう。

そして、体を温めるもの、免疫力がアップするものを積極的に摂りいれるなど、
自分でできる妊娠しやすい体づくりを始めていきましょう。

→妊娠体質になるサプリ
「はぐマカ」
スーパーフードマカ【macani】
妊活サプリ「プレグル」











posted by べビマチ子 at 15:20| Comment(0) | 排卵障害 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする